BLOGブログ

TRAVEL

【エジプト】メンフィスのピラミッド地帯

皆さん、こんにちは!

株式会社ファンセンスの杉本です。

エジプトの首都カイロを少し離れると、最も有名な世界遺産の1つである「ギザの三大ピラミッド」があります。

他の場所にはないような圧倒的な存在感を体験できます。

1979年に世界文化遺産に登録されています。

エジプトには他にも全長6650kmで世界一を誇る大河のナイル川、透明度世界一と言われる紅海、7000年という無比の文化歴史的建造物など、言葉では語り尽くせないほどの素晴らしさがあるのですが、その中でも最も代表的な建造物です。

そもそもピラミッドは何の為に作られたのか?

sphinx

ピラミッドはまさに古代エジプト文明の象徴です。

古代エジプト王国時代(紀元前2500年頃)の王様達が、自身の墳墓として作りました。

その中で最大の大きさを持っているものが、有名な「クフ王」のピラミッドで、高さが約150メートル、重さ平均2.5トンの石が約230万個使われています。

近づいてみるとよく分かるのですが、本当に大きいものが積み重なっているので、どうやって作ったのか本当に不思議です。

その建造方法は未だに謎に包まれています。

ついつい登ってしまうのですが、これをやると起こられるので気をつけてください。笑

訪れる前にチェックしておきたい情報

camel

気候について

砂漠気候の為、雨はほとんど降りません。

5~9月の夏は30℃を超え大変暑いので観光には不向きです。

ベストシーズンは11月~2月で、冬も温暖ではありますが、雨が降ると想像以上に寒くなります!

一日の気温差が激しいことも念頭にいれて服装の準備をした方がよいです。

航空券の値段について

最も高いのはやはりGW、お盆、年末年始の時期です。

1月中旬から3月上旬が一番安いです。

10月からクリスマス前までもハイシーズンの為、普通よりは高くなっています。

ホテルの値段について

基本的には航空券の値段と同じですが、エジプトはヨーロッパからの観光客が多いので、イースター(4月上旬)の時期と涼しくなるオンシーズンは高いです。

以下に2つピラミッドが見えるおすすめのホテルをご紹介いたします。

「ル・メリディアン・ピラミッド(1泊$150~)」

エジプト国内のホテルでは観光客に絶大な人気のホテル。

プールからピラミッドを見ることができ、ピラミッドエリアまで徒歩で約10分というアクセスの良さが人気の秘訣。

ホテル内の設備も整っていて、初めてエジプト観光をする人にとっては使いやすい環境です。

「メナ・ハウス・オベロイ(1泊$180~)」

カジノもある本格リゾートホテル。

元々は宮殿として使われていた建物で、ピラミッドに最も近いという抜群の立地。

客室は随所にアラビアンテイストをとりいれていて、アラブの王宮の部屋をイメージした独特のインテリアです。

そしてオードリー・ヘップバーンやマドンナのお気に入りでもある、ピラミッドを独り占めできるようなプレジデンシャル・スウィートは1泊$1100ですが、とっても有名です。

治安について

詐欺・ボッタクリは他の国に比べると多いですが、基本的には凶悪な犯罪は少なく、治安はいい方だと思います。

ただ、まれにテロが発生しているので、そのあたりの情報はしっかり押さえていたほうがいいと思います。

個人的な感覚ですが、商品代金の相場は言い値の10分の1くらいかと思います。

写真を撮ったり、撮ってもらったりしてもお金を請求されるので、この辺りはうまくやりましょう。

エジプトの人は結構人懐っこい性格をしていて、すぐに打ち解けられる雰囲気なのですが、ピラミッド周辺の人たちは少しタチが悪い場合もあります。

個人的にお勧めしたい、ピラミッドのみどころ

pyramid

半ば強引に乗せられたのですが。笑(実際に強引にラクダに乗せて料金を請求されたという人の話も聞いたことがあるので気をつけましょう)

ラクダに乗って片道30~40分かけて行くのですが、9つのピラミッドを遠くから眺められる場所があります。

ここからの景色は本当に感動するので、ピラミッドに行った時は是非挑戦してみてくださいね!

今回の記事のまとめ

以上、ピラミッドについて紹介をさせていただきました。

氷や水はお腹を壊しやすいので、ミネラルウォーターは持っておきましょう!

またピラミッドへの入場は閉まる時間も早いので、朝から訪れることをおすすめします。

世界遺産の中でも、ピラミッドは絶対に見ておくべき建造物の1つだと思いますので、皆さんもチャンスがあれば是非行ってみてくださいね。

  • LINEで送る

この記事を読んだ人におすすめ

最新記事はこちら