皆様、こんにちは!

ファンセンスの杉本です。

ハワイの特産品と言えば、私はやはり「コーヒー」を1番に思い浮かべます。

年間を通して暖かい気候と、火山の噴火によってできた弱酸性で鉄分を多く含んだ赤土は、コーヒー栽培に最も適しているんですよ〜っとツアーではよく言っています。笑

ご存知の方も多いとは思いますが、ハワイ島で採れるコナコーヒーは世界三大ブランドの1つとして有名なんですよ!

そんなコーヒーが有名なハワイにはたくさんのコーヒーブランドが存在するのですが、その中には実際に工場の見学をさせてもらえる場所もあり、コーヒー通が集まる観光地としても人気が出てきています。

ということで今回は、皆さん一度は目にしたことがあるであろう有名ブランド「ライオンコーヒー」や「ロイヤルコナコーヒー」の運営をしている「ハワイコーヒーカンパニー」の工場にお邪魔させていただいたので、そちらの様子をご紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

コーヒーの王様「ライオンコーヒー」の工場見学に行ってきた!

工場見学のスケジュールについて

工場見学ツアーは、平日(月曜日〜金曜日)の10:30~11:00、12:30~1:00で1日2回行われています。

日本人のスタッフさんが対応される日本語のツアーは10:30スタート!

12:30スタートのツアーは英語のみとなっておりますのでご注意ください。

特にアポイントは必要なく、ツアー開始の15分前くらいに到着していれば全く問題ありません。

コーヒーの歴史を学びながら過ごすあっという間の30分

前置きはこれくらいにして、早速工場見学の詳細をご紹介いたします。

まず最初に工場の中に入ると、世界中から厳選されたコーヒー豆が集まるが山のように積まれています。

ハワイコーヒーカンパニーは1864年創業で、アメリカで最も歴史のあるコーヒー会社なので、その規模はハワイで採れたコーヒー豆だけではなく、世界中から様々な種類のコーヒー豆が集められています。

ハワイで採れるコーヒー豆はどうしても運営コストがかかるので、結構お値段がしてしまうのですが、「ライオンコーヒー」や「ロイヤルコナコーヒー」が安いのはこれらの様々な国のコーヒー豆とブレンドされているからなんですね。

安くて美味しいコーヒー!

さすがはハワイでローカル人気投票1位を獲得しているだけはありますね。

こちらは焙煎マシーン。

コーヒーの入ったバッグを巨大な円形のマシンに入れて、グルグル回しています。

この時点でコーヒーの香ばしい香りが一面に広がっています。

この焙煎をする時間がちょうど良いものが「ミディアムロースト」と言い、よく商品として見る茶色い色のコーヒー豆が出来上がります。

焙煎する時間を長くしていくと「ダークロースト」と言われる、より色の濃いコーヒー豆ができ、香りが強くなっていきます。

他にも「ナチュラルプロセス」と言うコーヒーの実を採れたまま干す方法と、「ウォッシュプロセス」と言うコーヒーの豆だけを取り出して干す方法があり、このプロセスの違いによって味の濃さが変わります。

簡単にいうと、

ナチュラルプロセスは味が濃い。ウォッシュプロセスは味が薄い。

ミディアムローストは香りが弱い。ダークローストは香りが強い。

コーヒー素人にはそのくらいしか分かりませんでした。笑

味付けのプロセスが終了するとこちらの巨大なコーヒーミルで細かく丁寧に挽かれます。

コーヒー通の方は飲む直前にコーヒー豆を挽いて香りを楽しむのですが、普通は粉状のコーヒーを買うのが一般的です。

細かく引かれたコーヒーは、正確に分量を図られて自動でパッケージに入れられ、封をされた状態で製品が出来上がってきます。

販売量の多いブランドはやはりすごく、製造工程や衛生管理もすごくしっかりしていて、皆さんマスクや帽子もしっかりしていて、ちょっとハワイらしからぬ雰囲気でした。笑

ハワイで消費されているコーヒーの約80%はハワイコーヒーカンパニーのコーヒーが使われています。

ファーストフード店で出されるものから高級ホテルで出されるものまで、実に多くの場所で提供されています。

世界中のコーヒー豆のブレンドはもちろん、ハワイ産のコーヒーも地域ごとに種類が分けられ、それぞれ豆のままのものと挽いたものと選べるようになっていると言う豊富な種類に加え、値段が他のブランドに比べ良心的。

コーヒーだけではなく「アイランドアイスティー」と言う紅茶にも力を入れています。

ライオンコーヒーと言えばほのかに香るスウィートフレーバーを想像する方がほとんどだと思いますが、実は紅茶も作っているんですね!

ちなみに、「ライオンコーヒー」は世界中から集めたコーヒー豆から作られているもので、「ロイヤルコナコーヒー」はハワイ産のコーヒー豆だけを使って作られています。

どちらもバニラ、チョコレート、ココナッツ、ヘーゼルナッツなどのたくさんの人気フレーバーが楽しめます。

レギュラーのコーヒーだけではなく、ちょっと感覚の違った香りを楽しめることが、リピーターの心をつかんで離さないのかもしれません。

工場見学を終えた後は、カフェやショップでのお買物を楽しむことができます。

試飲もできますので、是非色々なフレバーを試してみてくださいね。

お土産も工場直売なので、新鮮なものが購入できます。

ライオンコーヒー&ロイヤルコナコーヒーを日本で楽しむ?

今回紹介させていただいたコーヒーですが、実は日本でも楽しむことができます。

日本の多くのショップで取り扱いがあるので、家の近くのスーパーで販売されているのを見たことある人も多いかもしれません。

ここで恒例の広告ではございますが、実は弊社でもハワイコーヒーカンパニーの商品を輸入販売しています。

1〜2週間ごとにフレッシュなコーヒーをハワイから空輸でお送りしていますので、自宅でコーヒーを楽しみたい場合はご利用いただければ幸いです。

自社サイトであるアロハショッピングセンターに加え、アマゾン、Yahoo!ショッピング、Qoo10など様々なショップで販売しています。

<今回の記事のまとめ>

以上、ハワイを代表するコーヒーブランド「ハワイコーヒーカンパニー」のご紹介をさせていただきました。

企業やスタッフの努力によって、安価な価格と高いクオリティを実現している会社なんだなと改めて感じました。

また、フレバーコーヒーは何度も飲めば飲むほどハマってしまうような不思議な魅力があるコーヒーです。

様々な商品があるハワイですが、ハワイコーヒーカンパニーのコーヒーはハワイを感じられる、お土産としてはとてもおすすめできるなと思いました。

皆さんもハワイに訪れた際は、是非一度こちらの工場に足を運んでハワイアンコーヒーを楽しんで見てくださいね。

フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、Youtubeもやっていますので、よかったら是非ご登録ください!

また、ライン@では定期的にお得なクーポンやイベントの情報をお届けさせていただいておりますので、こちらもよろしかったら是非!

それではまた次回の記事もよろしくお願いいたします〜!