ECサイトの売上をアップさせる7つの技【アイディア&施策まとめ】

こんにちは、杉本です!

ECサイトの売り上げをアップさせる有効な技は7つしかありません。

売上が大きいECサイトを見るとやはりどれも対策されている部分が多い感じがします。

そこで本日のテーマは、

  • ECサイトの売り上げを上げる方法を知りたい
  • 簡単に施策できる裏技みたいなものはないの?

という方に向けて、売上アップのコツを掘り下げてご案内したいと思います。

聞けば、「そりゃそうだ!」と思うものも、「これは盲点だった!」と思うものもあるはず!

案外やれていないショップも結構見るので、これを機に対策してみてくださいね。

ECサイトの売上をアップさせる7つの技

せっかくお客さんが自分のサイトに来てくれたなら、商品も是非買ってもらいたいもの。

ECサイトの場合、勝手に売れるような商品は2割もないので、残りの8割は頑張って売らなくてはいけません

今回の記事で紹介するのは、普段は買ってもらえない商品をなんとか買ってもらうための技です。

顧客需要を確認して売上アップ

1番疎かにされやすい1番重要な方法です。

お客さんがどのようなキーワードでショップを訪れてくれて、どのくらいの割合で買ってくれたか調査をせずに売上が伸びることはありません。

グーグルアナリティクスを導入していなければすぐに導入してアクセス解析を始めましょう!

あまり難しくデータの分析をする必要はなく、お客さんがよく来るページをちょっと分かりやすくしたり、そこからの流れを作ったりするだけで大丈夫です。

EC販売では売れない商品を頑張って売るよりも、売れる商品を伸ばす方が確実に売上アップするというデータがあります。

ショッピングカートを同じページにして売上アップ

商品ページと決済画面が別のURLに移行すると売上が下がるので、なるべく同じページ内で決済をするようにします。

ページが移行するのは詐欺サイトによくある仕組みなので、クリックと同時に全く違う見た目のページに移行すると本能的に騙されると思う人が一定数いるためです。

私がASPカート(カラーミーショップやメイクショップ)を利用していた時は、どうしてもここでの離脱率がありました。

セキュリティの関係でどうしても別ページに飛ばないといけない仕組みなので、やはりここはシステムを導入して自分のサイト内で決済もできるようにする方がおすすめです!

購入までに入力が必要な項目が1つ増えるたびに購買率が10%程度下がるので、なるべくシンプルで簡単に決済できる仕組みを作りましょう。

かご落ち対策をして売上アップ

商品をカートに入れたけど、やっぱり別のサイトも調べよう!と思って他のページを見に行っているうちに買わなかったってことありませんか?

カートに入れられたけど、結局買われなかった時のことを「かご落ち」と言います。

個人的には、カートに入れたまま買わなかった人が100人とした場合、「〇〇の購入を忘れていませんか?」と言ったメールを送ると7人くらいのお客さんが買ってくれる感覚です。

実際にかご落ちしている人はなんと7割というデータもあるので、率先して対応するようにしましょう!

難点は運用コストが少々高いので小規模事業者には厳しいところですが、導入することで最大6割くらいのお客さんをリカバリーできるというサービスもあるので、月商が500万円を超えるくらいでの導入がおすすめです。

賑わい演出で売上アップ

リアルタイムで他に買っているお客さんの履歴をサイトに載せると売上がアップします。

ショップの雰囲気を良くしたり、お客さんの回遊率を上げたり、サイトの更新にかける時間を減らす効果があります。

具体的な数字として測定することは難しいですが、確実な効果があると言われています。

私は、サイシンイーシーというサービスを利用しています。

理由は同じ機能でどこよりも安いプランだったから。笑

通常は月額制のサービスが多いのですが、こちらの場合は2万円買い切りで組込みもやってくれます

サービスを充実させて売上アップ

効果が大きいものは、「送料無料」「セット販売」「定期購入」の3つです。

理想を突き詰めていくと、Amazonのような顧客ファーストでお得なサービス。

まず送料無料のコツは、通常の送料よりも100〜200円安い金額を料金に追加して販売すること。

例えば1000円の商品で送料が500円の場合、通常であれば1500円の商品を「送料無料商品」として1300円で販売する。

2個売れた時は2600円になるので、実は送料無料の方が儲かるという戦略。

セット販売のコツは、「5個セット」のようなまとめ買いや「人気フレーバーセット」のようなお得な組み合わせを通常価格よりも安く販売すること。

商品の割引はあるものの、結果客単価が大きくなるので結果としてより売上が大きくなる。

定期購入のコツは、利便性でお客さんに満足してもらうこと。

1円でも高い、配送が遅いとなれば他店へ浮気されてしまうのがECサイトの宿命なので、即日配送を当たり前にしつつ、さらに手間を負担することで他社との差別化を実現できます。

定期購入割引をするとさらにリピーターを囲い込みやすくなります。

100%返金・返品対応で売上アップ

どんな理由であろうと返金や返品を受け付けると売上がアップします。

サイトに100%返金・返品対応と記載するだけで安心感があり購買率が上がります。

これを導入しても導入しなくても、おそらく返品率はほとんど変わらないのですぐにでも対応しましょう!

実際に返品・返金対応が必要な場合は全体の1%以下です。

こういったトラブルはEC販売では必ず起こってくるので、問題があった時は商品をプレゼントしたり、再販できそうであれば返品してもらってセール品として販売すれば良いです。

レビューやリコメンド機能で売上アップ

レビューやリコメンド機能は確実に売上をアップさせます。

具体的に言うと10件くらいのレビューがあれば十分です。

レビューをもらえるコツは、フォローアップメールを購入の1週間後に送ること。

「商品はいかがでしたか?よかったらご意見やご感想をお寄せください」といった趣旨のメールを送ることで20人に1人くらいの割合でレビューを書いてくれます。

ちなみに、「レビューを書いてくれたら送料無料!」などの事前に割引をするシステムはほぼやってもらえません。笑

ECサイトに+αをして売上をアップさせよう!

以上、ECサイトの売上をアップさせる7つの技はいかがでしたでしょうか?

ECサイトの集客や販売はお客さんが使いやすいものに常に作り直していくことが重要です。

EC業界は伸び続けているので、どんどん新しいサービスやシステムを導入していきましょう!

是非この記事を参考に売上を伸ばしてくださいね。

「売れるECサイトを作りたい」という方は、以下でECサイトに関するノウハウをまとめていますので、よかったらご覧ください。

関連記事

こんにちは、杉本です。本記事は、ECサイトの作り方について業界最先端のノウハウを基礎から応用まで学べる内容となっています。EC構築や運営方法、年商10億円を超える上級者向けの技まで、ECの全てを13項目にまとめました。[…]

>株式会社ファンセンスのSNS

株式会社ファンセンスのSNS

ハワイのことや最新のビジネスのことなど面白い情報が満載♪
インスタグラムにツイッター、フェイスブック、Youtubeをお見逃しなく!
どれも@alohacastで検索すれば出てきます。
登録するとショップやツアーの割引クーポンが届くラインアカウントも是非!

CTR IMG