ECサイトで年商100万、1000万、1億、10億を達成するステップ

こんにちは、杉本です。

ECサイトの年商が○○万円達成しました!

というような文言をよく見ませんか?

年商○○万円と言われても、それがどのくらいすごいのかピンとこないですよね。。。

それに、「じゃあどうやったらそうなれるの?」という問いに答えている記事はほとんど見ることがありません。

そこで本日のテーマですが、

  • どうすればECサイトの年商をアップさせることができる?
  • 実際に売れているショップと売れていないショップの違いを知りたい
  • 年商と利益の比率ってどのくらいが平均?

と言った疑問を解決できるお話をご紹介したいと思います。

よくある成功事例の紹介記事ではなく、実際にこうやったら売り上げがアップしたという経験に基づく解説をしています。

是非、今後のECサイト運営の参考にしてみてくださいね。

ECサイトの年商を伸ばすコツ【4つのステップで解説】

ECサイト運営をしていくと、不思議と100万円、1000万円と大台を越える時には必ず「壁」にぶつかります

逆に100万円を越える仕組みを作れると、ポンポンっと1000万円近くまで伸びたりすることもあります。

そこで、それぞれの大台に達するためにはどのような販売をすれば良いかを以下にまとめました。

年商100万円を達成するショップの作り方

年商100万円のECサイト運営は、週に数時間程度の副業レベルで達成することができます。

ECモールやECサイト、フリマ&オークションなどの適正な場所で適正な商品を売るだけで達成できると思います。

ショップで売っているもの、ネットオークションで仕入れたものを転売するだけでも大丈夫です。

例えば、ヤフオクで仕入れた商品をアマゾンで販売するなど。

私がECサイトビジネスを始めたときは、ヤフオクで部屋にあったゲーム機や漫画を売ってできた10万円を資本金にしました。笑

初めてECサイト販売をする場合は、まずはこの年商100万円を目標にしてみましょう!

年商1000万円を達成するショップの作り方

年商1000万円のECサイト運営は一般的なECサイトのクオリティを実現することで達成できます。

訪れたお客さんが購入を不安に思わないサイト構成や、しっかりした業者が販売しているというシステム(電話番号や住所、クレジットカード決済など)が必須になります。

ネットで仕入れた商品の差額で儲ける「転売」ではなく、メーカーから「卸売」で仕入れをするように切り替えるタイミングでもあります。

商品は人気商品や有名商品を中心に扱いますが、特にこだわりはなくても達成できると思います。

例えば、様々なメーカーの商品をとりあえず片っ端から商品登録して売ってみるなど。

取り扱う商品を決めるために、とにかく販路を拡大して色々なことを試してみましょう!

年商1億円を達成するショップの作り方

年商1億円のECサイト運営はショップのこだわりと独自性を出していくことで達成することができます。

広げたカテゴリーを絞っていくことで専門性を出し、ライバル企業が参加できない人気商品を売ることが必要になります。

そのためにすることは、経費削減、SEO対策、広告、オウンドメディア対策など。

配送契約をしたり、仕入れ安くする交渉をしたり、システムを導入して作業効率化をしたり、自社の商品をPRするなどの企業努力をします。

商品は「横浜の焼売と言ったら崎陽軒」のように誰もが連想できるようなものを販売することが重要です。

私の場合は「ハワイのコーヒーと言えばライオンコーヒー」、「ハワイのチョコレートと言えばハワイアンホースト」と言った感じです。

年商10億万円を達成するショップの作り方

年商10億円のECサイト運営はブランドとして確立された商品をあらゆる経路を駆使して販売することで達成することができます。

大手企業に負けない戦略として、「多店舗経営」と「オムニチャネル化」が重要になります。

多店舗経営は、成長を続けるECモールに複数出店して、さらにその中でライバルとの競争に勝つこと。

オムニチャネルは、店舗でもオンラインでも好きな商品を好きな時に手に入れられるようなお客さんの利便性を追求する仕組みを作ること。

商品と会社の知名度は絶対条件で、できれば自社製品、他社の製品であればかなり有名なブランドでないと難しいです。

ただ、ECサイトは24時間365日稼働できる店舗と同じなので、達成しているショップもかなりの数ありますから、是非ここを目指しましょう!

売れているショップと売れていないショップの違い

ECブームの到来で、今はなんと100万サイト以上があるのだとか。

でもその中の9割が月商10万円以下と言われています。

上記で説明した通りのことができれば、ECサイトの売り上げは間違いなく上がります。

ここでは、売り上げが上がらないECサイトにフォーカスして、最もよくある売れない理由を3つご紹介します。

自分中心的な商品選びをしている

商品を選んで買うのはお客さんということを常に意識しましょう。

自分がいいなと思う商品ではなく、お客さんが求めるものを販売することが重要です。

例えば自分がすごくファッションに興味があり、すごくセンスの良いブランドを販売しているけれど、それが売れないというケース。

もしかするとそれがかっこいいと思っているのは自分だけで、他の多くの人は買いたくないと思っているかもしれません。

大手アパレルショップはあえてあまりかっこよくないデザインの商品を作って販売しています。

ショップに信頼感がない

買うのが不安になるようなショップからは商品を買いません。

顔が見えないECサイトだからこそ、よりショップの信頼度が重要です。

特定商取引法の記載など、ユーザーの不安が解消されるような情報をしっかり掲載するようにしましょう。

普通の人は安くて怪しいサイトよりも、高くても安心できるサイトで商品を買います。

ショップのコンセプトが定まっていない

ショップのコンセプトというのは非常に重要です。

コンセプトが迷子だとサイトに訪問してくれたお客さんも困惑してしまいます。

誰にどんな商品を売りたいのかをしっかり決めて、それに合ったサイト構成にしましょう!

コンセプトを明確であれば、少しずつお客さんとの信頼関係を構築していくことができます。

年商と利益率の理想的なバランス

物販販売の場合、一般的な利益率は約10%と言われています。

例えば売り上げが年商1億円だった場合、商品の仕入れや人件費、税金等の経費を差し引いた利益が大体1000万円になるということです。

よく、年商は10億円だけど収入は500万円みたいなケースもあるので、正直に言うと年商をあげることよりは、固定費を抑えてしっかり利益を上げることの方が重要だと思っています。

私の経験上、10%の利益率を出すためには、実際の粗利は30%くらい必要です。

ざっくりではありますが、海外商品の場合は仕入れ価格の1.9〜2.3倍、国内商品の場合は仕入れ価格の1.7〜1.9倍で販売するとこのくらいの粗利になると思います。

ちなみに個人的に理想と思うのは、iPhone。

原価はおよそ25000円と言われていますが、それを10万円以上で売るわけですから、やはり仕組みは重要だなと感じますね。笑

売り上げがアップするごとにサイトも更新しよう!

以上、ECサイトで年商100万、1000万、1億、10億を達成するステップはいかがでしたか?

サイトの規模が変わるごとに色々な問題に頭を悩ませると思います。

それぞれのステップで商品も販売方法も変わってきますから、一例として参考にしていただければ幸いです。

「売れるECサイトを作りたい」という方は、以下でECサイトに関するノウハウをまとめていますので、よかったらご覧ください。

関連記事

こんにちは、杉本です。 本記事は、ECサイトの作り方について業界最先端のノウハウを基礎から応用まで学べる内容となっています。 EC構築や運営方法、年商10億円を超える上級者向けの技まで、ECの全てを13項目にまとめました。 […]

>株式会社ファンセンスのSNS

株式会社ファンセンスのSNS

ハワイのことや最新のビジネスのことなど面白い情報が満載♪
インスタグラムにツイッター、フェイスブック、Youtubeをお見逃しなく!
どれも@alohacastで検索すれば出てきます。
登録するとショップやツアーの割引クーポンが届くラインアカウントも是非!

CTR IMG