ECサイトが作れるWordPressテーマ【日本語対応のプラグインもご紹介】

こんにちは、杉本です!

最近はWordPressでECサイトを作っている方が増えてきました。

WordPressのテーマを使えばECサイトを簡単に作ることが出来るのですが、実はまだ日本語対応しているものがあまりありません。

そこで本日のテーマは、

  • WordPressでおすすめのカートプラグインを知りたい
  • 初心者でも使いやすいECサイト用のWordPressテーマってある?

といった疑問を解決できる内容でお送りします。

英語のプラグインはかなり種類豊富なのですが、日本語で機能が充実しているものを中心にご紹介したいと思います。

WordPressの日本語対応ができるカートは2つのみ

WordPressのカートプラグインはたくさんあるのですが、日本語に完璧に対応しているものとなると現在はまだ「welcart」と「woocommerce」の2つしかありません。

私は最初はwelcartを使っていましたが、最近woocommerceに引越しをしました。

実際に使っていた経験を踏まえてそれぞれのレビューをしたいと思います。

welcartのメリット・デメリット

メリット

デメリット

日本製なので言葉の問題がない追加機能がほとんど有料になっている
シェアNo.1なので対応しているテーマが多いアップデートの際にトラブルになることがある
決済方法など追加プラグインの選択肢が多い相性が悪いプラグインが割とある
カスタマイズの融通が効く問題はフォーラムで自分で解決する必要がある

welcartは日本の会社が運営しているプラグインで、WordPress用のECサイトプラグインで国内シェアNo.1となっています。

追加プラグインやテーマにコストはかかりますが、基本的には10万円以内で済みます。

ECプラグインでもかなり使いやすくてコスパが良いサービスだと思います。

最大のメリットは拡張機能の豊富さで、欲しい機能のほとんどを追加することが可能です。

一方で、デフォルトの機能ではできることがそこまで多くないので、欲しい機能を追加するための費用がかかること、たくさんのプラグインを追加するため一定確率でエラー問題が起きることがデメリットです。

カスタマーサポートも基本的には自分で解決してくださいというスタンスなので、ウェブにある程度詳しくないと少しトラブルが起きるかもしれません。

割と簡単なカスタマイズでも2万円くらいは請求されるので、こだわる場合はコスパが悪いかもしれません。

woocommerceのメリット・デメリット

メリットデメリット
ECサイトに必要な追加プラグインは全てあるアメリカのプラグインなので英語対応になる部分がある
WordPressの公式プラグインなのでトラブルが少ない機能を拡張する際にコストがかかる場合がある
SEOには圧倒的に強いデフォルトでは日本語の納品書が出せない
シンプルで直感的に使いやすい日本国内の企業がまだほとんど対応していない

woocommerceは世界の上位100万サイトのうち20%で使われている、世界で最も有名なプラグインです。

WordPressが開発している公式プラグインなので、言ってしまえば純正パーツみたいなものです。

そのため導入数が圧倒的に多く、ECサイトを構築する上で必要な機能は完璧に揃っています。

welcartでは有料の「ダウンロード&サービスコンテンツ」「クーポン」「商品バリエーション」などの基本的な機能が全て無料です。

世界で最も使われているプラグインのため、対応している決済サービスや拡張機能は圧倒的に多いです。

一方で日本ではまだあまり知られていないため、日本語対応されていないプラグインもあり、日本語パッチがない場合は自分の力で道を開拓していく必要があります。

カスタマーサポートは非常に丁寧で、困ったことはほぼ解決してくれるので、英語があまり苦にならない場合はwoocommerceの方がおすすめです。

ASPカートと連動も可能【管理画面が2つになるデメリットはある】

ちなみにサイトを2つ管理する必要はありますが、上記以外でもWordPressのECサイトを運営することも可能です。

ECサイトをWordPressで作り、ショッピングカートだけをカラーミーショップなどのASPカートと連動させるという方法です。

WordPressは利用者が多いことで狙われやすいプラグインでもありますので、セキュリティ対策をしっかりとしないといけません。

ASPカートであれば様々な機能が付属している上に、セキュリティ管理にも強いという特徴があるので、ウェブに関してあまり詳しくないという方はこちらが安心かもしれません。

この方法もメリットとデメリットがあるので簡単にまとめてみます。

メリットデメリット
WordPressにプラグインを入れなくても良いWordPressとカート側で2重に商品登録をしないといけない
顧客情報や決済のセキュリティが安心サイトを移動するので不審に思われる可能性がある
ASPとWordPressの良いところをどちらも利用できるカートに入れた後、お客さんがASPサイトを回遊してしまうので購入に迷う
アップデートしても不具合が発生しない相互関係が完璧ではなく、決済エラーが起こることがある

ECサイトが作れるWordPressの日本語テーマ

上記を踏まえた上で、今度はECサイト専用のWordPressのテーマをご紹介したいと思います。

今回は数あるテーマの中からオススメの日本語テーマをそれぞれ「welcart」と「woocommerce」に分けてピックアップしましたので是非参考にしてみてください。

ただ、結論を言ってしまうと完璧な日本語テーマを見つけることはなかなかに難しいです。

英語のテーマをカスタマイズしたり、自分でテーマを作るという方法もあります。

WordPressの場合は後からいくらでも拡張できるので、個人的には色々なサイトやテーマを実際に見て、自分が気に入ったものを選べば良いと思います。

welcartでのECサイト構築におすすめの日本語テーマ

welcart公式テーマ

最先端とは言えませんがシンプルでお洒落なテーマが揃っています。

開発会社が作っているテーマなので基本的にトラブルが少ないです。

私が利用していた時は、機能追加のカスタマイズにお金が必要でしたが、それ以外は特に問題ありませんでした。

金額は他社に比べると少し高いと思います。

>>welcartの公式テーマ

Welthemes

かなりシンプルですが、お手頃な価格のテーマとなっています。

あまり複雑なことはできないので、商品数の少ないサイトや初めてWordPressで構築する場合などに良いと思います。

ごちゃっとしているサイトではなくシンプルなサイトが好きな人におすすめ。

>>Welthemesのテーマ

TEMPLX

テンプレートの種類が豊富で、コスパも良いテーマとなっています。

デザインは割とシンプル、機能も必要なものは揃っている印象です。

こちらのテーマも商品数が少ないサイトや初めてWordPress構築をする方におすすめ。

>>TEMPLXのテーマ

woocommerceでのECサイト構築におすすめの日本語テーマ

TCD

デザインが最も美しいと言われる有名テーマ制作会社です。

シンプルでありながら1pxにこだわったデザインは日本でも有数だと思います。

個人的に思うことは、ページが重いので表示速度は少し遅く、その結果SEOに悪影響を与えているような感じも受けます。

現状あるテーマの中では機能やデザインで1番だと思う反面、価格の高さやテーマの量産に伴うサポートの遅さはも課題です。

>>TCDのテーマ

wooseum

デザインの美しさ、機能、コスパを考えたら最もバランスが良いテーマです。

規模が小さいようなので、アップデートなどに関しては少し心配もありますが、テーマとしてはほぼ完成していると思います。

ダイナミックなデザインで機能もほぼ問題なく、価格も安いので、迷っている場合はこちらのテーマで良い気がします。

>>wooseumのテーマ

英語テーマだったら高機能&コスパ抜群のテーマがたくさん

日本語のテーマとなってしまうと、上記で説明した5つくらいしか無いというのが現状なのですが、これが英語のテーマであれば選択肢は一気に100倍です。笑

もし英語が苦ではなかったり、ちょっと手間をかけてテーマを日本語化することができるのであれば以下のテーマがおすすめです。

レビューが圧倒的に高いテーマなのでよかったら参考にしてみてください。

>>PortoのECテーマ

ECサイトの作れるテーマやカートは続々と登場します!

以上、いかがでしたでしょうか?

WordPressでECサイトを作っている方はまだあまりいませんが、今後有能なテーマやカートが登場してくるはずなので、是非先行して導入してみてください。

おそらく将来的にはWordPressで作ったECサイトが主流になるはずです。

WordPressでECサイトを作るメリットは低コストでかつ自由なカスタマイズを実現できる点で、プラグインのインフラが整えば最強のツールになります。

今は完璧なECサイトを作ると500万円くらいのコストがかかってしまいますから。

WordPressで最高のECサイト運営をしてくださいね!

「売れるECサイトを作りたい」という方は、以下でECサイトに関するノウハウをまとめていますので、よかったらご覧ください。

関連記事

こんにちは、杉本です。本記事は、ECサイトの作り方について業界最先端のノウハウを基礎から応用まで学べる内容となっています。EC構築や運営方法、年商10億円を超える上級者向けの技まで、ECの全てを13項目にまとめました。[…]

>株式会社ファンセンスのSNS

株式会社ファンセンスのSNS

ハワイのことや最新のビジネスのことなど面白い情報が満載♪
インスタグラムにツイッター、フェイスブック、Youtubeをお見逃しなく!
どれも@alohacastで検索すれば出てきます。
登録するとショップやツアーの割引クーポンが届くラインアカウントも是非!

CTR IMG