皆様、こんにちは!

ファンセンスの杉本です。

前回、素人が月商100万円のネットショップを作る方法【人気商品を無在庫販売でOK】にて、初めてネットショップを開業する方、ネットショップの売り上げを伸ばしたい方に向けてノウハウを解説させていただきました。

その時に、日本ではすでに出店をされていてこれからアメリカ進出をされたい方や、アメリカ在住の方でネットショップをされたい方もいるかな?とふと思ったので、ちょっとコアかもしれませんが今回はアメリカでネットショップをする時におすすめのプラットフォームをいくつかご紹介してみたいと思います。

<プラットフォーム>とは?
独自のネットショップサイトを作れるサービスのこと。安心してネットショップを運営する為に必要なクレジットカード決済や、レビュー機能、セキュリティなどの機能の提供やサポート、SEO対策などをしてくれる。日本で言うところの、カラーミーショップ、メイクショップ、おちゃのこネット、フューチャーショップなど。

Amazon.comやeBayなど海外のECモールに関する情報は、また別の記事にて紹介させていただきます。

海外に販売していくとなると市場規模は日本の何十倍にもなりますので、ご参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

アメリカのおすすめネットショップ【10社を比較検証】

日本でもたくさんのネットショップ作成サービスがありますが、アメリカにはそれよりももっとたくさんのサービスが存在します。

まずはその中で、口コミ評価が高い10サイトを比較してみました!

表を大きく作りすぎて、ブログ幅に合うようにしたら画像が小さくなってしまいました(汗)

画像をクリックして拡大して参照いただければ幸いです。

この表から見える、アメリカのプラットフォームの特徴として日本と違う部分は以下の通りです。

1、プランのバリエーションが多い

日本のサービスに比べて、料金幅が広く、使える機能に大きな差があります。

日本だと安いプランでもほぼ全て同じ機能が使うことができますが、アメリカのサービスはもう少し細かく分かれていますので、実際のビジネスサイズに合わせて登録するようになっています。

そのかわり、1年のサービスではなく、月々で契約できる場合が多いです。

2、他社のサービスとの連動がしやすい

グーグルアドセンスなどの広告連動、ワードプレスや独自のブログから販売の誘導、フェイスブックショップ同時開設やツイッターでの紹介、Amazon.comやeBay、グーグルショッピングでの連動販売など他社とのつながりが簡単にできる特徴があります。

SNSとの連動に関しては、アメリカはどんどん新しいものが出来るので、日本の2年くらい先をいっている印象です。

3、日本では大きいショップしかできない機能が初期からついている

複数言語による販売、ライブチャット対応など、日本の大手企業のみが行っている対応が最初からできます。

また、お客さんが商品をカートに入れて、決済手前でページを閉じてしまった時に、後日「ショップカートに商品が残ってますよ!」というメールを送ることなどもできます。

これは日本では高い費用を払ってシステム導入する必要があり、通常のショッピングカートには見ないサービスです。

総合的に考えて、どこがおすすめ??

話が長くなっても仕方ないので、簡潔にまとめたいと思います。

アメリカではサイトをすべて手作りする人が多く、オールインワンではなくそれぞれの機能のみを提供するサービスもありますので、単純に比較することはフェアとは言えませんが、日本人視点で見れば「Shopify」と「Bigcommerce」の2つが最もオススメで、導入しても間違いがないかと思います。

以下に、この2つのサービスを比較してみます。

「Shopify vs Bigcommerce」テンプレート編

Bigcommerceは以前、デザインが異常にしょぼかったのですが、最近すごくいいテンプレートができたので個人的には同等レベルと言えます。

強いて言うならば、それでも少しだけshopifyの方がいいかなという感じですが、常にアップデートされているのでこれは好みの差程度のものです。

「Shopify vs Bigcommerce」機能編

これは、2つともネットショップ運営に必要な機能が揃っています。

価格と機能を比較すると、少しだけBigcommerceの方が優秀な気がします。

アプリの作成など、shopifyができないことができたりします。

「Shopify vs Bigcommerce」サポート編

この部分は全くの同レベルと言えると思います。

細かくサポート先が分かれていて、メールもチャットも電話もすぐに連絡がつくので、日本のメール対応だけのプラットフォームと比較するとだいぶ優秀なサービスです。

ショップのアドバイスをしてくれるエキスパートも充実しています。

「Shopify vs Bigcommerce」人気度編

shopifyは店舗数が150000店以上、売り上げは70億ドル以上。

Bigcommerceは店舗数は55000店以上、売り上げは40億ドル以上。

shopifyはBigcommerceよりも早くから事業を展開しているので、shopifyの方が知名度があり、1人あたりの平均購入金額も多いというデータが出ています。

また企業としても成長力もあり、この部分はshopifyが優勢です。

「Shopify vs Bigcommerce」コスト編

shopifyのクレジットカード手数料はプランによって2.25%〜2.9%(これ、日本のクレジットカード決済手数料は最低でも3.5%なのでだいぶ安いです)、トランザクションは0.5〜2.0%。

Bigcommerceのクレジットカード手数料は2.65%〜2.9%、トランザクションは一番下のプランのみ1.5%で他は無料。

この点を比べるとそこまで差はないですが、プランによっては使える機能が異なります。

日本にこの2つのショッピングカートがあったら即決で決定なんですけど。笑

<今回の記事のまとめ>

以上、アメリカでおすすめのネットショップ10社を徹底比較はいかがでしたでしょうか?

あくまでも「アメリカで初めてネットショップを開設する」という点にフォーカスを当てて比較しているのでオールインワンのショッピングカートがオススメという形にはなりましたが、GoDaddy、PayPal Pro、Word Pressなど、自身でサイトを作れる人向けのサービスも多いので、是非用途に応じて良いサービスを見つけてもらえたらなと思います。

個人的には、Bigcommerceのゴールドプラン($79.95/month)がおすすめです。

クレジットカード決済を追加で$9.99支払うことで、2.9%から2.65%にして、トランザクションは無料になり、ストレージ容量と商品数は無制限、使える機能に制限もないという点が魅力でした。

初期投資という面では少し高くも感じますが、日本で同じ機能と考えるととてもこの価格では収まらないと思います。

相対的に見るとこの2つのサービスが頭1つ抜けていますが、今後もこのようなサービスが出てくると思いますので、あくまでこの記事は参考程度に考えていただければと思います。

海外(特にアメリカ)でのビジネス展開については、定期的にハワイで行なっている「ハワイ輸入ビジネス講座」や個別コンサルティングにてさらに具体的にご案内しておりますので、ご興味がある方はよかったらチェックしてみてください。

フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、Youtubeもやっていますので、よかったら是非ご登録ください!

また、ライン@では定期的にお得なクーポンやイベントの情報をお届けさせていただいておりますので、こちらもよろしかったら是非!

それではまた次回の記事もよろしくお願いいたします〜!