ECサイト構築に必要な費用まとめ【相場より安くする方法もご紹介】

こんにちは、杉本です。

ECサイトを構築する費用って、相場が分からなくて依頼しにくいですよね。

アマゾンや楽天のような大型ECサイトを構築するとなるともちろん莫大な費用が掛かりますが、個人や中小企業が作るECサイトの相場はどうでしょうか。

ECサイトの構築なんてやったこともないし始めることも不安だと思います。

そこで本日のテーマは、

  • ECサイト構築にかかる費用の相場が知りたい
  • ECサイト構築ってどうやったらできるの?
  • 見積もりの取り方と安くする方法を教えて

と言った悩みを解決できる内容でお送りしたいと思います。

自分の考えているサイト規模に応じて良い方法を見つけてくださいね。

ECサイト構築に必要な費用まとめ

ECサイト構築に必要な費用は構築方法によって相場が無料~500万円くらいと幅広くなっています。

こんなに極端な費用相場となっている理由は、ECサイト構築は「システム費用+デザイン費用」で決まるからです。

それと費用相場に関しては、ECサイトのコンセプトや年商も影響しますが、どれだけこだわるかによっても大きく変わります。

よって、一般的には以下のような感じで認識していただけるといいと思います。

  1. 特にこだわりがなく必要最低限の機能さえあればいいという方は無料~10万円程が相場。
  2. デザインにこだわりつつ費用を抑える方で10~50万円ほどの費用になる。
  3. カスタマイズの自由度が高く、サイトの個性を出したい場合は50~200万円程度。
  4. 0からオーダーメイドでシステムも制作する場合は200〜500万円は必須となる。

個人的なおすすめは、システムは自社で構築せずツールを使い、デザインもプロが作ったものを使う「10〜50万円」の範囲で作るのが正解かなと思います。

上手に作ればこの価格帯のものでも、何百万円もかけて作った大手企業のサイトと遜色ない出来になります。

ECサイトの完成像をしっかり決めて、どの規模でECサイトを構築するか考えましょう!

ECサイトの構築費用から考えるショップ規模と構築方法

ECサイトの構築費用の目安は、作りたいショップの規模や構築方法によっても決めることが可能です。

ビジネスは無駄な出費はなるべく抑えた方がいいので、作りたいと思っているECサイトの規模に合わせて適切な投資をしましょう。

ECサイトの構築費用とショップの月商目安

構築費用目安となる月商
無料~10万円100万円程度まで
10~50万円100〜500万円程度
50~200万円程500〜1000万円程度
200〜500万円程度1000万円以上

私の場合はこのくらいのイメージがあります。

最初から大きいサイトを作るのではなく、月商が上がったらサイトをアップデートしていく形の方がおすすめです。

売り上げがしっかりできるまでは、余計な固定費はできるだけ増やさないように気を付けた方が良いと思います。

ショップの月商とおすすめのECサイト構築方法

目安となる月商構築方法
100万円程度までASP型
100~500万円程度オープンソース型
500〜1000万円程度パッケージ型
1000万円以上フルスクラッチ型

構築方法はあくまでも一般論として捉えてもらうと良いと思います。

理由は、ASP型でも年商10億を超えるようなサイトもあるからです。

個人的にもオープンソース型であれば何でもカスタマイズできますし、無駄にコストをかけない理想のシステムだと思っています。

もちろん大手企業であればリスク回避のためにシステムにお金を払った方がいい場合も多いですが、個人や中小企業であればASP型かオープンソース型で十分な感じはします。

ちなみに構築方法に関しては簡単に以下のような違いがあります。

ASP型&オープンソース型

  1. 基本情報の設定
  2. ロゴやバナーのデザイン
  3. 決済方法の設定
  4. 配送方法の設定
  5. 出品する商品登録
  6. 特定商取引法の掲載

これらは作られているシステムやテーマを使ってサイトを構築するため、ブログを書くように作っていくことができます。

完全に決まっているシステムの中で必要なものを使っていくものがASP型。

ある程度決まっているシステムの中で、必要なものを自由に追加していくことができるのがオープンソース型。

とイメージしていただくと良いと思います。

パッケージ型&フルスクラッチ型

  1. 要件定義書の作成
  2. システム設計書の作成
  3. プログラムの開発
  4. テストで最終確認

これらは集客していくキーワードの決定、メイン顧客に合わせたサイト設計などWebマーケティングの要素を含めたサイト設計になります。

自由に作っていく中で、システムに関しては既存のものを使っていく構築方法がパッケージ型。

全てを0から構築し、完全に自分たちの仕組みで成り立つECサイトがフルスクラッチ型。

というイメージです。

それぞれの構築方法の特徴まとめ

それぞれの構築方法にもメリットとデメリットがあります。

これも簡単にまとめてみました。

ASP型とオープンソース型の特徴まとめ

サイト構築構築期間月額
  • 個性を出しにくい
  • お金をかければ自由度は上がる
  • 簡単でトラブルも解決しやすい
3日~1週間程度無料~50万円

パッケージ型とフルスクラッチ型の特徴まとめ

サイト構築構築期間月額
  • 自由度が圧倒的に高い
  • オーダーメイドで固定費が高い
  • 常時専門家が必要
1ヶ月~1年程度50~500万円

おすすめのECサイト構築会社と相場一覧

星の数ほどECサイトの構築会社があるのでいくつかおすすめの会社をご紹介したいと思います。

合わせて「見積もりの取り方」や「通常よりも安くする方法」もお話しますので、是非参考にしてみてください。

おすすめのECサイト構築会社をご紹介

株式会社IKITA企画

  • シンプルなサイトなら5~15万円の価格でECサイトが構築できる
  • 完全オーダーメイドのデザインで制作可能
  • SEO対策も無料で実施
  • デザインの修正は3回まで無料

リューキデザイン

  • 個人的にも依頼する時があります
  • デザインのクオリティが圧倒的に高い
  • 安価で定額制の分かりやすい料金体系
  • 楽天市場やヤフーショッピングなどのECモール作成、サービスの幅が広い

ワンプルーフ

  • 社長さんと一緒に食事したことがきっかけでEC事業を法人化しました(笑)
  • ECのサービスでできないことがない
  • 安くはないが、最高レベルのECサイトを作れる
  • 大手&大型ショップにおすすめ

見積もり依頼の方法

料金が定額制でないECサイト構築会社の場合は、値段がピンキリなので相見積もりを取ったほうが良いと思います。

自分で商品の写真を持っていたり、デザインはテーマを利用するなどと提案するば見積もり価格を大きく抑えることができる場合もあります。

ただ、とにかく安くするというよりは、自分の作りたいサイトに合った適正価格の構築会社に依頼すると失敗しにくいと思います。

ECサイト構築の場合、やはり安いところは細部までこだわりがなく、後々手間がかかることが多いです。

なので、多めに相見積もりを取っておくと自分に合うものがきっと見つかるはずですよ!

以下のサイトは私もよく使うのですが、相見積もりを無料でまとめて取ってくれるので簡単でおすすめです。

>>完全無料で【ECサイト構築】会社に一括お問い合わせ

質の良いECサイトを相場よりも安く作る方法はある?

とは言いつつも、安くなるならばなるべく安くECサイトは作りたいものです。

クラウドソーシングでフリーランスの方にお願いをすると、ECサイト構築会社に依頼する金額の7割程度でやってもらえると思います。

他には、自分でECサイト構築に挑戦して、どうしてもできない部分だけ手伝ってもらうという選択肢もあります。

勉強しながらになると思うので時間はかかりますが、仕組みが分かれば正確な見積もり依頼をすることもできるようになります。

ECサイト構築会社ではなく実際にECサイト運営で実績を出している人に任せたいという場合は、私もWebサポートをしておりますので興味があれば以下のリンクよりご確認ください。

ブログやホームページの構築は20万円(税別)、ECサイトの構築は25万円(税別)で月3組を上限にお受けしています。

関連記事

コンサルティングやセミナー、Web制作など、お仕事のご依頼はこちらのページよりお願いいたします。どのサービスも納得がいかなかった場合は「全額返金保証」とさせていただいておりますので安心してご利用ください。コンサルティング[…]

IMG

将来を見据えたECサイト構築をしよう!

以上、ECサイト構築に必要な費用まとめはいかがでしたか?

初めてECサイトを構築する方はあまりお金をかけず最初はお試し感覚で始めるといいと思います。

慣れてきたら是非本格的なECサイトの構築に挑戦してみてくださいね。

今後ますますEC業界は伸びてきますので、長いスパンで良いECサイトを構築していきましょう!

「売れるECサイトを作りたい」という方は、以下でECサイトに関するノウハウをまとめていますので、よかったらご覧ください。

関連記事

こんにちは、杉本です。本記事は、ECサイトの作り方について業界最先端のノウハウを基礎から応用まで学べる内容となっています。EC構築や運営方法、年商10億円を超える上級者向けの技まで、ECの全てを13項目にまとめました。[…]

>株式会社ファンセンスのSNS

株式会社ファンセンスのSNS

ハワイのことや最新のビジネスのことなど面白い情報が満載♪
インスタグラムにツイッター、フェイスブック、Youtubeをお見逃しなく!
どれも@alohacastで検索すれば出てきます。
登録するとショップやツアーの割引クーポンが届くラインアカウントも是非!

CTR IMG